法人及び賃貸オーナー様へ

法人及び賃貸オーナー様へ

現状回復について

入居者が退去する際に、もめる多くの原因が原状回復の問題です。平成10年3月に国土交通省(当時は建設省)から公表されました「原状回復のガイドライン」(平成23年8月に再改定)や東京都の「賃貸住宅紛争防止条例」(平成16年10月1日施行)の提示・施行にともない、各地で敷金の返金訴訟問題などが起こっています。賃貸を運営する中では、押さえておくべき要点です。

現状回復とは何か?

国土交通省のガイドラインによると『賃借人の居住、使用により発生した建物は建物の価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること』と定義されています。

現状回復の定義のポイント

1. 賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超える使用による損耗は借主の負担となる

2. 経年変化や通常の使用による損耗等は貸主の負担となる

3. 貸主及び借主双方が合意して上記の内容と異なる特約を定めることができるが、原状回復の定義を超える内容のものは無効とされることがある

POINT

自然損耗や経年劣化に寄る原状回復費用分は毎月支払われる賃料に含まれている。

運用のポイント

一般的な対策として下記にその内容を述べますが、専門の業者に聞くなど、社会情勢を把握し事前の対策を練る事が大切です。

1. 賃貸借契約を締結する時に、賃借人に十分な説明がされていますか?

2. 特約の内容が社会的に合意を得られる内容で、借主に正しく説明されていますか?

3. 入居時に部屋の整備(掃除)をしっかりと行っていますか?

4. 設備の使用方法などについて説明をしっかり行っていますか?

POINT

賃借人への事前説明を行い、入居時の部屋状況の確認を行ってもらうことにより、トラブルの防止に繋がる。

具体的な負担例
貸主負担と考えられる例

1.畳の表替え(裏返し)

2.カーペットのヘコみや設置跡

3.壁に貼ったポスターや絵画の跡

4.日照による壁及び床の日焼け

5.日照や自然的なクロスの変色

6.クリーニングで落ちるクロスのヤニ跡

7.フローリングのワックスかけ

8.家電によるクロスの電気ヤケ

借主負担と考えられる例

1.家具等によるフローリングのキズ

2.手入れを怠ったことによる水回りの汚れ・カビ

3.通常の使用を超える汚れ

4.クロスの汚れで、クリーニングなどで落ちない汚れ

5.ペットによる柱・床などのキズ・汚れ

6.結露の放置によって拡大したカビ・汚れ

7.その他通常の使用を超える又は善管注意義務違反などによる損耗・毀損

メニュー MENU
  • 法人・賃貸オーナー様へ
  • オフィス内装・賃貸現状回復
  • 各種リフォーム
  • 施工料金
  • 会社案内
  • よくある質問 Q&A
  • お打ち合わせからの流れ FLOW
  • 遠赤王 床下に太陽を!
  • 発電王 屋根に未来を!
  • 埼玉社長
(c)Copyright 2015 内装センター株式会社 All right reserved.